PLATINUM TURBO FX

 

概要:スキャルピング専用シグナル配信ソフト

商材名:PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)

販売者:石塚勝博

通貨ペア:ドル/円、ポンド/ドル、ユーロ/ドル、ユーロ/円、ポンド/円

対応時間足:5分足、1分足

 

PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)ロジック基本編

 

今回はPLATINUM TURBO FXのシステムロジックについて

検証を行っていきたいと思います。

 

ユーザーサイトのロジックに関するコンテンツでは

『ロジック基本編』『ロジック詳細編』にわかれており

それぞれ順を追って学習することによって

システムに対しての理解を効率的に深めることができます。

 

まずは『ロジック基本編』から見て行きましょう。

 

ロジック基本編ではPLATINUM TURBO FXのシステムにおける

エントリー基準、ストップロス、利益確定のロジックが

完全に公開されており全てを確認することができます。

 

そのため、シグナルに従ってトレードを行いつつも

 

・エントリーのシグナルの出る条件

・ストップロス(損切り)シグナルの出る条件

・利益確定のシグナルの出る条件

 

を意識しながらトレードを重ねることが出来るため、

トレードにおける“明確な根拠” を学習しながら

資産運用を行っていくことができるのです。

 

投資商材市場では、現在多くのシグナル配信ソフトや

自動売買ソフトなどが販売されていますが、

従来までのソフトではロジック全公開というものはありませんでした。

 

そのため、そういったソフトを使用したトレードでは

トレーダー自身が何も考えることもなく

トレードの中で学習しスキルを身に付けることもできません。

 

こういった部分が従来までのソフトとPLATINUM TURBO FXの大きな違いであり

PLATINUM TURBO FX多くのトレーダーから高く評価されている理由なのです。

 

加えて、ロジックの公開されていないソフトで

トレードを行うのは精神的にも非常に負担がかかります。

 

エントリー判断の基準、ストップロスを行う条件、

利益確定のタイミングが不明ですし、

ブラックボックスのロジックを信用し続けるのは

日々、かなりのストレスを抱える ことになります。

 

対象的に、PLATINUM TURBO FXでは

そういったポイントが全て明確に開示されているため

トレーダー自身が確信を持って日々のトレードに

挑むことができるのです。

 

資産運用をする人間として、この部分は非常に大きなポイントと言えます。

 

加えて、ロジックが全公開されているということは

PLATINUM TURBO FXでのトレードでの成績が落ち込んできた場合でも

“何故勝てないのか?” という改善策を簡単に見つけることも出来ます。

 

むしろ、そうして自身がスキルアップすることによって

シグナルの精度を高めていくということが

PLATINUM TURBO FXの一番の目的であり、

ユーザー一人一人が一人前のトレーダーとして自立する助けになってくれるのです。

 

 

前作からの改善点

 

PLATINUM TURBO FXでは前作のTURBO FXから

大幅にロジックが変更されているわけではありませんが、

イメージとしてはさらに“練りこまれたロジック”

になっているという印象を受けました。

 

各通貨ペア、各時間軸に最適化したパラメーターの設定、

持合を避ける為のテクニカルの導入、

含み益により利益確定のパターンを変更する

といったポイントが主に改善されいてます。

 

また、使用されるインジケーターは以下の3種類です。

 

・トレンドの方向を判断するためのインジケーター

・値動きの強弱を判断するためのインジケーター

・買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するためのインジケーター

 

ちなみに、各通貨ペア、各時間軸によって

フィルタリング条件などが細かく変わってくるため、

トレードのロジックを全て覚えるまではそれなりに時間がかかります。

 

実際、全てのロジックを理解していなければ

トレードを開始できないというわけでもありませんから

ここは徐々に少しづつ覚えて行けばよいでしょう。

 

PLATINUM TURBO FXのシステムは複数のテクニカルから

総合的に判断し、シグナルが発生します。

 

買い場合ですとチャートが上向きに動き出し、

さらに上昇すると判断した場合にシグナル発生しますが、

上げ過ぎの位置ではシグナルは発生しないため

位置的には押目買いのような形で出る場面が多いです。

 

加えて、ストップまでの値幅がエントリー条件に入っているため

ボラティリティが大きくなり、ストップロスまでの位置が

遠くなってしまうという場合には

エントリーシグナルが発生しないように設定されているため

想定外の損失を出してしまうこともありません。

 

こういった改善点は非常に好印象ですね。

 

中でも、前作から大きく改善されたポイントは

利益確定の判断基準が3パターンに別けられているという点です。

 

・パターン1は、ある程度利幅が伸びた場合を想定したもので

 終値で「利幅≧指定最大値」となっている場合

 

・パターン2は、利幅が伸びなかった場合を想定したもので

 終値で「指定最少値≦利幅<指定最大値」となっている場合

 

・パターン3は、思うように利幅が伸びず、

 ストップロスにはヒットしていないが利益確定も出来ず

 一定時間が経過した場合を想定したもので

 指定時間経過後もポジションを保有ている状態で、

 終値で「指定最小値≦利幅<指定最大値」となっている場合

 

このように含み益の量により利益確定の条件を

変更しているというわけです。

 

基本的には利益確定シグナルは反転の兆候が見えた時点で

発生するようになっていますが、上記のように含み益により

利益確定パターンを3分割したことにより

より明確に場面を判断することができるようになったということです。

 

それにしても、ここまで細部まで

綿密に設計さたシステムだとは思いませんでした。

 

期待通りに値が伸びた場合や、そうでない場合も想定した上で

ロスを軽減しつつ、的確に利益確定を狙えるわけですから

個人的にはかなり好印象なシステムとなっていると感じました。

 

PLATINUM TURBO FX

 

 

また、PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)に関する

最新情報のお問合せや質問なども受け付けております。

 

ご用件をご記載の上、以下のお問合せフォームよりご連絡下さいませ。

 

お問合せフォーム